うつ病とは?うつ病と現代うつ病セルフチェックうつ病への対策
うつ病のお薬の話うつ病の精神症状うつ病の身体的症状うつ病になったら?
うつ状態とうつ病の違いうつ病の認知行動療法うつ病のそのほかの治療法
うつ病患者の方への家族の接し方|うつ病治療で評判の病院探し

うつ病患者の方への家族の接し方

家族や周囲に、うつ病の患者さんがいる場合、どのように接したらいいのでしょうか。うつ病の患者さんと接するのが初めてという場合は、手助けをしてあげたいと思っても、どのように言葉をかけたらいいのか分からなかったり、あるいは、患者さんのことを思って言った言葉が、むしろ逆効果であったりすることもあります。

そのために、うつ病の患者さんについて、正確に理解することが必要になってきます。

うつ病の患者さんの多くは、死への思いを持つようになります。場合によっては、取り返しのつかない事態も、招きかねませんので、慎重な言葉や対応が求められます。

実は、自殺行為は、うつ状態のどん底で起こるのではなく、その前後でも起こりうることです。症状がひどい時はもちろんのこと、やや軽くなってきたという場合も、十分な配慮をしましょう。

また、うつ病になると、様々なことに対して、やる気がなくなります。やる気がないというのは、一見、性格や気持ちの弱さと思いがちですが、病気の症状の一つであることを忘れないようにしましょう。

やる気がないからといって、患者さんを責めないようにしましょう。人が変わってしまったように無気力に見えるかもしれませんが、病気が治れば、その症状が消えます。落ち着いて、冷静な対応や行動を心がけましょう。

メニュー