うつ病とは?うつ病と現代うつ病セルフチェックうつ病への対策
うつ病のお薬の話|うつ病の精神症状うつ病の身体的症状うつ病になったら?
うつ状態とうつ病の違いうつ病の認知行動療法うつ病のそのほかの治療法
うつ病患者の方への家族の接し方うつ病治療で評判の病院探し

うつ病のお薬の話

うつ病と診断されてしまうと、「治るのだろうか?」、「いつまで、つらい症状が続くのだろうか?」と不安になることでしょう。

うつ病の治療には、いくつかの方法がありますが、抗うつ剤とよばれる薬を服用することで、ずいぶん症状が楽になることがあります。

中には、「うつ病を薬で治すのはちょっと怖い」と思われる方もいるかもしれませんが、実は、うつ病の治療で抗うつ剤を使用するのは、ごく一般的なことです。そして、効果も認められていますので、安心して医師の処方に従うのが、もっとも良い治療方法なのです。

抗うつ剤は、脳に働きかける作用があり、脳内のホルモンであるセロトニンやノルアドレナリンなどを増やす効果があります。そして、やる気や落ち着き、イライラや怒りなどをうまくコントロールしてくれます。

最近では、副作用が少ない抗うつ剤が開発されています。薬剤名は、デプロメール、ルボックス、パキシル、トレドミンなどになります。

これらの薬は、確実に効果を確認できるまで、1~2週間以上かかるという特徴があります。また、効果に関しては、個人差もありますので、まずは医師に詳しく自分の症状を説明し、自分に合った薬を処方してもらうことが必要になります。

メニュー