うつ病とは?|うつ病と現代|うつ病セルフチェックうつ病への対策
うつ病のお薬の話うつ病の精神症状うつ病の身体的症状うつ病になったら?
うつ状態とうつ病の違いうつ病の認知行動療法うつ病のそのほかの治療法
うつ病患者の方への家族の接し方うつ病治療で評判の病院探し

うつ病と現代

うつ病というと、気分がうつ状態になったり、眠れない日が続いたりという症状が一般的です。

ところが、最近では、「新型うつ病」と名付けられたうつ病の患者さんが、非常に多くなっています。この「新型うつ病」は、都市部などで広まっている、現代病の一つになります。従来のうつ病とは、症状が少し違っています。「新型うつ病」は、1日中うつ状態が出るというものではありません。夕暮れ時に、症状が出ることが多いという病気です。症状としては、睡眠の取り過ぎや過食などがあげられます。

また、会社にいる間はうつ状態だが、自宅に帰るとうつ症状が治るというようなこともあります。要するに、仕事は全く手につかないけれども、自宅での日常生活や趣味などは何ら異常を伴わずに行うことが可能なのです。

この「新型うつ病」では、非常に他人の言動に傷つきやすいという特徴があります。ちょっとした上司の小言に深く傷つき、会社を休んでしまったり、人とのコミュニケーションがイヤになったりします。

このような「新型うつ病」は、近年になって広まり、現在では、うつ病と診断される人の約半数が、「新型うつ病」だといわれています。

メニュー