うつ病とは?うつ病と現代うつ病セルフチェックうつ病への対策
うつ病のお薬の話うつ病の精神症状うつ病の身体的症状うつ病になったら?
うつ状態とうつ病の違いうつ病の認知行動療法|うつ病のそのほかの治療法|
うつ病患者の方への家族の接し方うつ病治療で評判の病院探し

うつ病のそのほかの治療法

うつ病には、いろいろな治療方法があります。

まず、代表的なものは、薬物療法です。これは、抗うつ剤を服用して治療していく方法です。

薬物療法以外でよく取り入れられるのが、認知行動療法です。

それ以外にも、「電気けいれん療法」、「経頭蓋磁気刺激法」、「断眠療法」、「光療法」、「運動療法」、「ハーブを使用した治療」などがあります。

「電気けいれん療法」とは、頭皮の上から電流を流して、人工的に痙攣をおこす方法です。これは、薬物療法が効かない場合に取り入れられる場合があります。この療法は、保険の適応も認められています。

「経頭蓋磁気刺激法」は、頭の外から電磁パルスを当てて、脳内のごく一部に電流を流し、脳の機能を活性化する方法です。

「断眠療法」は、夜間に眠らないことでうつ症状を改善する療法で、「光療法」は、太陽光や人口光などの強い光を浴びる療法です。

「運動療法」は、有酸素運動を行って治療につなげるというもので、入院患者が日課とする療法でもあります。

また、ハーブのセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツなど数カ国で、軽いうつ病に効果があるとされ、抗うつ薬よりも多く処方されています。副作用がないことも知られていますが、重度のうつ症状には、あまり効果がありません。

メニュー