統合失調症とは?統合失調症の陽性症状統合失調症の陰性症状
統合失調症の幻覚や妄想について統合失調症の原因
統合失調症のさまざまなタイプ|統合失調症と診断されたら統合失調症の薬
統合失調症の心理教育統合失調症の作業療法統合失調症と芸術

統合失調症のさまざまなタイプ

統合失調症には、実に様々なタイプがあります。ここで、いくつかのタイプをご紹介しましょう。

まずは、「妄想型」です。「妄想型」は、妄想や幻覚が主な症状で、言動が乏しいことが特徴です。統合失調症の中では、もっとも多い症例のタイプで、特に30歳以降に発症することが多いとされています。

「破爪型」とは、思春期前半に発症することが多いタイプです。まとまりのない思考や行動が多く、場合によっては、激しい症状がないこともあります。治療をせずにそのまま放置すると、周囲に関心を持たなくなり、外部との接触をしなくなります。

「緊張型」では、興奮や昏迷の症状が現れます。また、同じ動作を何度も繰り返すことが特徴になっています。このタイプは、「妄想型」や「破瓜型」に比べて発症は稀です。

「識別不能型」は、一般的な統合失調症の基準は満たしているものの、「妄想型」、「破爪型」、「緊張型」のいずれにも当てはまらないか、あるいは、2つ以上のタイプの特徴を示すものです。

また、その他には、急性期の後に現れる「統合失調症後仰うつ」、急性期症状が消失した後の安定した状態の「残骸型」、陰性症状が強く自我意識のない「単純型」、そして、特定不能の統合失調症などがあります。

メニュー