統合失調症とは?統合失調症の陽性症状統合失調症の陰性症状
統合失調症の幻覚や妄想について統合失調症の原因
統合失調症のさまざまなタイプ統合失調症と診断されたら|統合失調症の薬|
統合失調症の心理教育統合失調症の作業療法統合失調症と芸術

統合失調症の薬

統合失調症の治療のメインは、「薬物療法」になります。

「薬物療法」では、おもに、ドーパミンD2受容体拮抗作用を持つ向精神薬が、陽性症状などの軽減に有効です。

ただし、近年では、これまでの抗精神薬よりも副作用が少なくて、陰性症状にも有効な「非定型抗精神薬」という、新しいタイプの薬が開発されました。リスぺドリン、ぺロスピロン、オランザピン、クエチアピンなどです。これらの薬が、近年では主流になっています。

また、最近では、アリビプラゾール、ブロナンセリンの2種類が加わり、日本では6種類の非定型抗精神薬が使用可能になっています。

これらの、非定型抗精神薬は、統合失調症などの精神病の治療を向上させましたが、副作用もあります。

オランクエンやクエチアピンは、稀に糖尿病や高血糖を誘発します。

その他の問題点としては、オランザピン、クエチアピン、アンピプラゾールなどは、薬の価格が非常に高いということです。

また、抗精神薬の一般的な副作用として、パーキンソン症候群、錐体外路症状、アカシジア、便秘、口渇、目のかすみ、眠気、体重増加などを生じる事があります。

統合失調症に、仰うつ症状などが伴う場合は抗うつ剤を、不安症状が強い場合には抗不安剤を、不眠症状がある場合は睡眠薬を併用することもあります。

メニュー