統合失調症とは?統合失調症の陽性症状統合失調症の陰性症状
統合失調症の幻覚や妄想について|統合失調症の原因
統合失調症のさまざまなタイプ統合失調症と診断されたら統合失調症の薬
統合失調症の心理教育統合失調症の作業療法統合失調症と芸術

統合失調症の幻覚や妄想について

統合失調症になると、幻覚や幻聴の症状が出てきます。

幻覚とは、実際には存在しないものを知覚し、幻が見える症状です。幻聴とは、実際にはない声が聞こえてくる症状です。統合失調症になると、幻覚や幻聴のほかに、実際にはないにおいを感じる幻匂という症状もあります。

統合失調症の患者さんは、幻覚や幻聴を、幻とは認識できません。あたかも、誰かが実際に話をしているように聞こえます。そして、彼らを脅迫したり、責めたり、悪口をいったりする声が聞こえています。何かをしようとすると、「するな」ととがめたりもします。また、複数の人が会話を交わしているのが聞こえることもあります。自分の考えていることが、声になって聞こえることもあります。

統合失調症の患者さんは、耳元で、悪口や命令やいろいろなことを言われたり、時には、「死ね」と言われることもあり、この幻覚や幻聴が非常に怖いのです。そして、世の中は恐ろしいものだと感じます。

そのために、統合失調症の患者さんの10~15%は、自殺をしてしまうという統計もあります。自殺の確立が、他の精神疾患よりも高いのが、特徴でもあります。

これらの症状には、薬物治療が行われますが、現在でも、幻聴や幻覚のよりよい治療法が研究されているところです。

メニュー