統合失調症とは?統合失調症の陽性症状統合失調症の陰性症状
統合失調症の幻覚や妄想について|統合失調症の原因|
統合失調症のさまざまなタイプ統合失調症と診断されたら統合失調症の薬
統合失調症の心理教育統合失調症の作業療法統合失調症と芸術

統合失調症の原因

統合失調症の原因は、実は、現在でも明らかになっていません。様々な原因があげられていますが、あくまでも、仮説の域にとどまっています。

一卵性双生児の研究では、統合失調症の確率が比較的高く、遺伝的要因と環境要因の両方が、発症に関係しているとも考えられていますが、この学説も仮説の1つになります。

統合失調症の原因として挙げられている仮説には、神経伝達物質のひとつであるドーパミンの過剰という説があります。これを、「ドーパミン仮説」といい、中脳辺縁系におけるドーパミンの過剰が、幻覚や幻聴などに関与していると考えられています。

その他にも、様々な仮説があり、例えば、「アドレノクロム仮説」、「グルタミン酸仮説」、「カルシニューリン系遺伝子の異常」、「遺伝的な欠陥」、「発達障害仮説」などがあります。

その他、「two-hit theory(トゥー・ヒット・セオリー)」といい、胎生期と思春期に2回にわたって脳へのダメージを受けたという仮説もあります。

以前は、患者さんが家族関係で苦しんだことが統合失調症の原因だという「心因説」がありましたが、その後の研究の結果、この学説は否定され、症状悪化の原因にはなるものの、発病の原因ではないとされています。

メニュー