適応障害とは?|適応障害とストレス|適応障害の症状適応障害の診断
適応障害のさまざまな治療適応障害と似ている病気適応障害とうつ病
適応障害の人との接し方適応障害になりやすい人は?適応障害の予防方法

適応障害とストレス

適応障害という病名を聞いて、皇太子妃の雅子様のご病気を連想される方もいるかもしれません。近年では、適応障害という病名は、広く知られるようになり、その症状にも関心が寄せられています。

適応障害は、辛い状況に直面して精神的に参ってしまった状態といえます。現代社会ではストレスを感じることが多く、誰でも「仕事がつらすぎる」とか、「学校の校則が厳しい」とか、「お隣の犬がうるさい」などいろいろなことをストレスと感じることがあるでしょう。

誰でも、大きなストレスを受けると、平静を保つのは難しく、ストレスから適応障害になると、憂鬱な気分や不安が強く出てしまいます。そして、普段の自分ではなくなり、投稿拒否やひきこもりの原因となったり、些細なこと、言い争いをしてしまい、人間関係を壊してしまったりします。

適応障害の原因となっているストレスが慢性的に続いてしまうと、うつ病など、さらに深刻な精神疾患に移行してしまうこともあります。ですから、もし、ストレスを毎日感じているとか、とても強く感じているという場合、あるいは、「普段の自分ではない」と感じた場合、仲の良い人や信頼している人、あるいは医師に相談するようにしましょう。

メニュー