適応障害とは?適応障害とストレス|適応障害の症状|適応障害の診断
適応障害のさまざまな治療適応障害と似ている病気適応障害とうつ病
適応障害の人との接し方適応障害になりやすい人は?適応障害の予防方法

適応障害の症状

適応障害には、いくつかの症状があります。

ストレスが原因で、情緒的な障害が発生し、その障害に抑うつ気分や不安などを伴うことが多いです。また、青年期や小児期の場合は、行為障害や夜尿症、指しゃぶりなどの退行現象が現れます。

また、ストレスが原因で、社会生活や職業や学業などにも支障をきたし、生活機能が低下したり、業績や学力が低下したり、場合によっては、重症になると、就業や修学ができなくなる場合もあります。

抑うつ気分や不安などの情緒的な障害によって、声を荒げたり、泣き出したりすることもあります。それだけでなく、摂食障害や動悸、ふるえ、けいれん、頭痛、肩こり、倦怠感などの身体的な不調を起こすことも多くあります。

行動的な障害を伴う場合は、ストレスが原因で普段とはかけ離れた著しい行動に出ることがあります。しかし、患者さん本人は、その著しい行動に、懸念や自責の念は持たないことが多いです。そして、それらのかけ離れた行動の具体例としては、アルコール依存、万引き、虚偽の発言、睡眠時間の極端な変化、過度な攻撃性による喧嘩、喫煙の開始、無銭飲食、無銭乗車、借金返済の拒否、規則違反などが上げられます。

メニュー