適応障害とは?適応障害とストレス適応障害の症状適応障害の診断
適応障害のさまざまな治療適応障害と似ている病気適応障害とうつ病
適応障害の人との接し方|適応障害になりやすい人は?|適応障害の予防方法

適応障害になりやすい人は?

適応障害は、職場や学校、家庭などでのストレスが原因となって発症する病気です。しかし、ストレスだけが適応障害の原因となるわけではありません。同じ職場にいて同じように仕事をこなし、同じ上司の元で働いている人でも、適応障害の症状が現れる人と、そうでない人がいます。
同じストレスを受けていても、適応障害の症状は現れない人もいるのですから、ストレスだけが原因では無いということになります。

ストレスとその人のストレス対応力とのバランスが崩れた時に、適応障害は現れます。

適応障害が現れる大きなポイントでもある「ストレスへの対応力」は、人によって強かったり、弱かったり、ずいぶん違います。「ストレスへの対応力」は、その人の性格にも関係してくることです。

ストレスを受けやすい性格、適応障害になりやすい性格というものがあります。例えば、「真面目」な方、「完璧主義」「几帳面」「心配性」「頑固」「責任感が強い」という性格の人は、性格的には適応障害になりやすいといえるでしょう。逆に、物事を楽観的に捉え、上手く手を抜くことができるような性格の人は、適応障害にはなりにくいということがいえます。

ストレスを受け止めるときに、真正面から丸ごと受け止めるのではなくて、軽く受け流せるような考え方ができるとずっと楽になります。

メニュー