適応障害とは?適応障害とストレス適応障害の症状適応障害の診断
適応障害のさまざまな治療|適応障害と似ている病気適応障害とうつ病
適応障害の人との接し方適応障害になりやすい人は?適応障害の予防方法

適応障害のさまざまな治療

適応障害の治療で、抑うつ感や不安感がある場合は、抗うつ剤や抗不安薬を使用します。また、薬物治療だけではなく、精神療法によって、ストレス脆弱性の体質改善も効果があると言われています。

もっとも、適応障害の原因はストレスです。ですから、原因となっているストレスを除去したり、あるいは軽減したりしないかぎりは、適応障害の様々な症状が再発する可能性が高いです。

原因となっているストレスを除去すれば、時間が経つにつれて、適応障害の症状はよくなり、通常、半年以内に回復します。

また、もし医師の診断で適応障害だとうことが分かったときは、まずは患者さんの本人の心に根付いているストレスそのものを改善する必要があります。医師やカウンセラーと話をして、症状の元になっている原因を見詰め直しましょう。適応障害の場合は、信頼できる人と話をするというだけでも、ずいぶん気持ちが楽になります。

気分の落ち込みや不安感が強いときには、薬物治療も併用します。

適応障害は、他の精神疾患と比べると、予後は良好で、逆にストレスが完成的に続いてしまうと、うつ病などの深刻な病気へ移行してしまうことがあります。そうなる前に、診察を受けるようにしましょう。

メニュー