摂食障害とは?|いろいろある摂食障害|神経性無食欲症について
神経性大食症について摂食障害の原因摂食障害になったら
摂食障害のさまざまな合併症摂食障害の治療法生活改善で摂食障害を治す

いろいろある摂食障害

摂食障害は、いくつかのタイプに分類できます。

まずは、「神経性無食欲症」で、いわゆる拒食症と呼ばれるものです。神経性無食欲症には、制限型と、むちゃ食い・排出型があります。これは、若い人によく現れる摂食障害で、自分が太っていると考えて食べることを拒否し、体重が減少するという特徴があります。別名、思春期やせ症などと呼ばれることがあります。

「神経性大食症」は、いわゆる過食症と呼ばれるものです。神経性大食症には、完全に吐く型と、途中で吐くのをやめる型があります。いずれも、激しく飲食を続けた後に、嘔吐、下剤、利尿剤、薬物、過度の運動、絶食によって代償行為を行うことが特徴です。症状が悪化してくると、自己嫌悪から、自殺を図ることもあります。神経性大食症の根底には、無理なダイエットに関する考え方があることが多いです。

「特定不能の摂食障害」とは、神経性とは特定できない摂食障害を指します。特定不能の摂食障害には、むちゃ食い障害と吐き障害があります。むちゃ食い障害とは、過食症とは異なり、食べた後に嘔吐や下剤を使用しない症状です。うつ病やパニック障害との合併症として現れることもあります。

その他、「夜間摂食症候群」があり、夜間にのみ摂食障害が現れるというものです。

メニュー