摂食障害とは?いろいろある摂食障害神経性無食欲症について
神経性大食症について|摂食障害の原因|摂食障害になったら
摂食障害のさまざまな合併症摂食障害の治療法生活改善で摂食障害を治す

摂食障害の原因

摂食障害になるには、いくつかの原因があると考えられています。いずれも、心理的なものが原因です。ここでは、いくつかの原因をご紹介します。

例えば、まずあげられるのが、親との関係がうまくいっていないということです。これは、とりわけ、2~5歳の幼いころに、人格基礎形成期の欲求5段階の中の2つ、「安心安全の欲求」と「愛情や所属の欲求」が満たされなかった経験を持っており、間脳視床下部食欲中枢に障害が起きているという説になります。

また、対人関係の恐怖からの代償行動説、「女性性の拒否」による代償行動説、肥満への恐怖からの「ダイエット・ハイ説」、結婚生活のストレスや複雑な人間関係による「ストレス説」、また、「遺伝説」といったものもあります。

一般的には、痩せたい、きれいになりたいと望む若い女性が無理なダイエットを続け、摂食障害につながると思われがちですが、けして原因は、ダイエットだけではありません。体重が増えることが怖いという思いだけではなくて、成長するのが怖いと感じてしまう若い女性もいます。

また、家庭や社会での人間関係やストレスも大きな原因となっていますので、普段からストレスをためないような生活を送るようにしたいものです。

メニュー