パニック障害とは?|パニック障害の症状|パニック障害の原因パニック障害の診断
パニック障害を薬で治す パニック障害を精神療法で治す パニック障害のセルフケア
パニック障害の人と接する時は?パニック障害と似た病気について
パニック障害になったら

パニック障害の症状

パニック障害の症状は、突然のパニック発作から始まります。このパニック発作は、日常的にストレスをため込みやすい環境で暮らしている人に起こることが多いです。

例えば、満員電車の中など人が混雑している閉鎖的な狭い空間や、車道や広場などで歩いているときに、突然強いストレスを感じ、動悸、息切れ、めまいなどの症状が現れます。そして、強烈な不安感に襲われます。

パニック発作の症状や度合いは、患者さんによって様々ですが、発作が現れるときに感じる心理的な印象は、漠然とした不安と空間の圧迫感で、「倒れて死ぬのではないか」という異常な恐怖感を感じる人も少なくありません。

そして、パニック発作に強烈な恐怖を感じるため、発作が起こった場面を恐れ、また発作が起こることに、不安になります。これを、予期不安といいます。

また、パニック発作が繰り返されると、発作が起きた場所から逃れられないという妄想するようになり、1人で外出できなくなるなど、広場恐怖の症状も現れます。

予期不安によって、社会的に隔絶された状態になると、ストレスによってうつ状態にもなります。特に、繰り返しのパニック発作は、うつ状態を併発することが多く、実際に、うつ病と診断されるケースも多くあります。このようなケースを、二次的うつと呼んでいます。

メニュー