パニック障害とは?パニック障害の症状パニック障害の原因パニック障害の診断
パニック障害を薬で治すパニック障害を精神療法で治すパニック障害のセルフケア
パニック障害の人と接する時は?|パニック障害と似た病気について
パニック障害になったら

パニック障害の人と接する時は?

もし、家族や身近な人に、パニック障害の患者さんがいる場合は、どのように接したらいいのか、困ってしまうことがあるかもしれません。パニック障害は、多くの人に認知されている病気ではありますが、まだまだ、どのように看護をするのか、あるいは、どのように接するのかなどは、知られていません。ここでは、パニック障害の患者さんと接するときのポイントを、いくつかご紹介します。パニック発作が起こってしまった場合は、その発作を緩和する手続きをしましょう。そして、発作が起きた原因をきちんと確認することが大切になります。原因となるものが分かったら、しばらくは、その原因となるものを利用しないようにしましょう。例えば、人ごみでパニック発作が起こるなら、しばらくは人ごみを避けるようにしたらよいでしょう。

そして、患者さんには、「病気なんだから、治療をすればきちんと治ります。安心しましょう」ということを理解してもらう必要があります。そして、周囲と助け合って、支えてあげるようにしましょう。

もちろん、医師の診察を受けて診察を続けることも大切ですので、もし、本人が、「なぜこのような症状が起こるのか分からない」という場合には、さりげなく、診察を進めてあげるといいでしょう。そして、病気をしっかりと治したいという気持ちを、患者さんに持ち続けてもらうことが治療につながります。

メニュー