パニック障害とは?パニック障害の症状パニック障害の原因パニック障害の診断
パニック障害を薬で治す |パニック障害を精神療法で治す| パニック障害のセルフケア
パニック障害の人と接する時は?パニック障害と似た病気について
パニック障害になったら

パニック障害を精神療法で治す

パニック障害の治療には、薬物療法の他に精神療法があります。

パニック発作は、不可解な突然の発作と、発作に対する不安によって悪化する病気です。

医師が、これらの症状について明確に説明し、心理教育を行うことが、すべての治療の基礎となり、また、重要になります。

精神療法では、認知行動療法が最も良く研究されています。

認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」、「身体感覚についての解釈の再構築」、「呼吸法」などの訓練や練習が行われます。そして、不安に振り回されずに、そして、不安から逃れずに、不安に立ち向かう練習を行います。

日本では、認知行動療法を行う施設は多くはありませんが、認知行動療法的な患者指導を行っている臨床医は多く存在します。

また、認知行動療法の他に、EMDRや森田療法、内観療法などを取り入れることも有効とされています。

EMDRとは、日本語では、眼球運動による脱感作および再処理法といわれるものです。比較的新しい治療技術で、特にPTSDに対する治療として有効だと知られています。

内観療法は、家族や身近な人との関わりを、「してもらったこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」の3テーマにそって繰り返し思い出すという心理療法です。

メニュー