パニック障害とは?パニック障害の症状パニック障害の原因パニック障害の診断
パニック障害を薬で治すパニック障害を精神療法で治すパニック障害のセルフケア
パニック障害の人と接する時は?パニック障害と似た病気について
パニック障害になったら

パニック障害になったら

もし、自分がパニック障害になったら、あるいは、パニック発作が起こったら、どのように対処したらいいのでしょうか。パニック発作は、全く予想できないような状況の中、突然起こるものです。もし、何度も発作が起こるという場合は、早めに、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。そして、まずは、パニック発作が起こらないようにする治療をします。

パニック障害になると、「何が原因なんだろうか?」とか、「性格や人間関係の問題なんだろうか?」などと、いろいろ考え悩んでしまうこともあるかもしれません。しかし、いくら悩んでも、解決方法は見つかりません。そして、思い悩むあまり、症状が悪化してしまうこともあります。

パニック障害は、非常につらい症状が続きますが、命に関わるような重大な結果をもたらす病気ではありません。1つの病気であると認めて、医師と相談しながら、前向きに治療に取り組むことが大切になります。

パニック障害になった患者さんは、治療を始めた初期段階では、早く回復することを望むために、医師の指示どおりに薬物治療や精神治療を行います。しかし、発作が落ち着いてくると、薬に頼りたくないとか、副作用が心配だなどと考え、薬物治療を途中でやめてしまうケースが少なくありません。

しかし、急に薬物治療を中断すると、症状が再燃することがあります。また、症状が、慢性化してしまうことも考えられます。

メニュー