パニック障害とは?パニック障害の症状パニック障害の原因パニック障害の診断
パニック障害を薬で治す |パニック障害を精神療法で治す パニック障害のセルフケア
パニック障害の人と接する時は?パニック障害と似た病気について
パニック障害になったら

パニック障害を薬で治す

パニック障害は、薬物療法と精神療法の2つの方法があります。

薬物療法では、パニック発作を抑制するために、SSRIや三環系抗うつ薬、スルピリドなどの抗うつ薬が使われます。また、不安感を軽減するためには、ベンゾジアゼピン系抗不安薬が使われます。

これらの薬は、有効性が明確になっており、とりわけ、適切な患者教育と指導を行いながらこれらの薬を服用すると、その有効性は非常に高くなります。

最近では、新型抗うつ薬のSSRIの有効性もよく言われています。しかし、SSRIの代表的な薬であるパロキセチンは、飲み忘れるなどで服用を中止すると、数日後に、激しいめまいや頭痛などの離脱症状が現れることが問題となっています。そのため、パニック障害で服用する際の、安全性や有用性に疑問を持っている人もいます。

アメリカでは、バンゾジアゼピン系の抗不安薬の依存性が取りざたされていますが、日本では、成人の定期的パニック障害では問題とならないという見解が多くあります。

いずれにしても、パニック障害の治療をする場合は、この病気にくわしい精神科や心療内科などの医師に診察してもらうことが、まずは大切になります。そして、医師の診断や処方箋に沿って、治療を進めていくようにしましょう。

メニュー