恐怖症とはさまざまある恐怖症恐怖症の種類閉所恐怖症高所恐怖症
対人恐怖症|先端恐怖症恐怖症とひきこもり恐怖症の治し方めずらしい恐怖症

対人恐怖症

対人恐怖症とは、社会的な接触に恐怖を感じ、それを避けようとする症状が現れます。そして、社会的な生活に支障をきたし、日常生活に必要な人間関係の構築ができなくなります。また、対人恐怖症は、日本特有の文化依存症候群とされ、社会的な不器用さのために、他人に避難されることに恐怖を感じます。

対人恐怖症には、あがり症や赤面症などの症状が現れることがあり、多くの場合、引きこもりを伴います。その他、視線恐怖症、多汗症、体臭恐怖症、会議恐怖、雑談恐怖、強迫観念などの症状が現れることもあります。

人生において、青年期になると神学や就職などの局面を迎えることになり、新たな対人関係が始まることになります。この時期に、対人恐怖症を発症するケースが多く見られます。

対人恐怖症の中でも、妄想的革新を抱く恐怖症を、「重症対人恐怖症」、もしくは「思春期妄想症」と呼ぶ人がいます。これらは、妄想を伴っているために、対人恐怖症には含めず、別のカテゴリーだと考えている人もいます。

日本での対人恐怖症の治療には、森田療法が効果をあげています。森田療法とは、個人面談や日記指導を併用して、「あるがままでよい、あるがままでなければならない」という考え方を取り入れ、治療過程と治療目標において、「あるがまま」という言葉が使われます。

メニュー