強迫性障害とは?強迫性障害のさまざまな症状 |よくある強迫性障害|
強迫性障害になったら 強迫性障害は誰でもなる強迫性障害の薬物治療
強迫性障害の行動療法強迫性障害と似た病気強迫性障害のセルフチェック
強迫性障害に対応してくれる病院

よくある強迫性障害

強迫性障害には、様々な症状がありますが、中でももっとも知られているのが、「不潔強迫」になります。

「不潔強迫」は、潔癖症と言われるものです。

潔癖症という言葉なら知っているという方が多いと思いますが、ただ単に汚れを嫌うという程度では、潔癖症とは言いません。汚れを過剰に気にしたり、病気になることを過度に恐れ、最近や病原菌など何らかの汚染を受けるのではないかと、毎日恐れを抱き続けることをいいます。不安で、外出することができなくなってしまう場合もあります。

日常生活の中で、汚れが過剰に気になって、何度も手や体を洗わないと、気が済まなくなってしまいます。そして、外出先のトイレの便座に座ることができなかったり、ドアノブに触ることができなかったりという症状が出る人もいます。

また、逆に、汚れがつくことを極度に恐れるために、部屋を掃除できなかったり、お風呂の汚れを気にしてお風呂に入らなくなったりするため、返って不衛生になる場合もあります。

そして、「不潔強迫」の患者さんは、配偶者や自身の子供に、清潔でいることを強制する場合が多くあります。

また、「不潔障害」の患者さんは、自分が異常な行動を取っているという感覚はなく、菌や汚れに過剰反応しない他人が異常だと感じることが多いです。

メニュー