強迫性障害とは?強迫性障害のさまざまな症状 よくある強迫性障害
強迫性障害になったら 強迫性障害は誰でもなる|強迫性障害の薬物治療|
強迫性障害の行動療法強迫性障害と似た病気強迫性障害のセルフチェック
強迫性障害に対応してくれる病院

強迫性障害の薬物治療

強迫性障害の治療には、行動療法、認知行動療法、そして薬物療法があります。

薬物療法では、強迫観念を抑える作用があるセロトニン系に作用する抗うつ薬が使用されます。現在の日本では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬である、塩酸パロキセチン、マレイン酸フルボキサミン、もしくは三環系抗うつ薬の塩酸クロミプラミンなどが使われます。

日本国外では、それぞれの抗うつ薬を最高容量で単剤投与することが望ましいとされていますが、この方法は、日本人の体格や体質には合わないこともあり、処方される薬の種類や用量には個人差があります。

ただし、最高容量での単剤投与は、日本でも、主治医の処方箋があれば保険適応となります。

いずれにしても、薬物療法は、強迫性障害にとても効果的な治療法の一つになります。ですから、精神科の医師に診察してもらうときには、これまでの経緯や症状などを詳しくはなし、医師とよく相談して、自分に合った処方をしてもらうようにしましょう。そして、薬を処方してもらったら、医師の処方通りにきちんと服用することも非常に大切になります。回復途中で服用をやめてしまったり、服用の量を自分で勝手に変えてしまうようなことのないように服用しましょう。

メニュー