強迫性障害とは?|強迫性障害のさまざまな症状 |よくある強迫性障害
強迫性障害になったら 強迫性障害は誰でもなる強迫性障害の薬物治療
強迫性障害の行動療法強迫性障害と似た病気強迫性障害のセルフチェック
強迫性障害に対応してくれる病院

強迫性障害のさまざまな症状

強迫障害には、様々な症状があります。また、強迫症状の内容は、人によって様々で、人間の持つ様々な心配事が要因となります。様々ある症状の中でも、いくつかの特徴的な症状をご紹介します。

「不潔強迫」、「確認強迫」、「加害恐怖」、「被害恐怖」、「自殺恐怖」、「疾病恐怖」、「縁起恐怖」、「不完全恐怖」、「保存強迫」、「数唱強迫」などがあります。

代表的なものを詳しくご説明すると、「不潔強迫」というのは、俗に潔癖症とも呼ばれているものです。「確認行為」とは、外出や就寝のときに、ドアや窓の鍵を閉めたかどうか気になり、何度も戻って執拗に確認してしまうという症状です。

「加害恐怖」とは、自分の不注意によって、他人に危害を加える事態を異常に恐れることです。「被害恐怖」とは、自分が自分自身に危害を加えることや、自分以外のものによって自分に危害が及ぶことを異常に恐れる症状です。また、「自殺恐怖」とは、自分が自殺してしまうのではないかと異常に恐れることで、「疾病恐怖」とは、自分が重大な病や、不治の病などにかかってしまうのではないか、あるいは、かかってしまったのではないかと恐れる症状です。HIVウイルスへの感染を心配して、血液などを異常に恐れたりする場合もあります。

これらの症状は、患者さんによって対処の仕方が異なります。

 

メニュー