強迫性障害とは?強迫性障害のさまざまな症状 よくある強迫性障害
強迫性障害になったら 強迫性障害は誰でもなる強迫性障害の薬物治療
強迫性障害の行動療法強迫性障害と似た病気|強迫性障害のセルフチェック|
強迫性障害に対応してくれる病院

強迫性障害のセルフチェック

もしかすると、自分は強迫性障害かもしれないと思ったら、それほど思い悩まずに、早めに精神科や心療内科の医師に診察してもらうようにしましょう。

もし、精神科や心療内科には、なかなか行きにくいという場合は、セルフチェックをしてみてはどうでしょうか。ただし、セルフチェックは、強迫性障害を診断するものではなく、あくまでも、目安を確認するためのものです。もしセルフチェックで強迫性障害ではないという結果がでても、症状によっては、やはり医師の診察が必要になりますし、もしセルフチェックで強迫性障害だという結果が出ても、医師に診断してもらうと、強迫性障害の診断基準を達していないということもあるでしょう。

ですから、あくまでも目安として、セルフチェックを利用してみてください。

セルフチェックでは、「何度も手洗いや掃除をしますか?」、「何度も確認をしますか?」、「追い払いたいのに追い払えなくて悩み続けている考えがありますか?」、「毎日の活動をやり終えるのに長い時間がかかりますか?」、「順序正しいことや左右対称で物事をとらえていますか?」の5項目をチェックしてみます。

いずれの質問も、強迫性障害で現れる症状ですが、もちろん、すべてがイエスであっても、その頻度や悩みの深さによって、結果は様々となっています。

メニュー