強迫性障害とは?強迫性障害のさまざまな症状 よくある強迫性障害
強迫性障害になったら | 強迫性障害は誰でもなる強迫性障害の薬物治療
強迫性障害の行動療法強迫性障害と似た病気強迫性障害のセルフチェック
強迫性障害に対応してくれる病院

強迫性障害になったら

強迫性障害は、人種や国籍、性別に関係なく発症する傾向があります。調査によると、全人口の2%前後が強迫性障害だと推測されています。この数字ですと、強迫性障害の方は、意外と多いということになります。

傾向としては、20歳前後の青年期に発症する場合が多いと言われていますが、中には、幼少期や壮年期に発症する場合もあり、青年期特有の疾病とは言い切れません。

また、強迫性障害は、人間だけではなく、猫などの動物も発症します。強迫性障害の猫は、毛づくろいを頻繁に繰り返すような行動をします。

また、強迫性障害の患者さんの中には、脳疾患や、解離性障害などの、別の病気が原因となって発症する場合があります。この場合は、一般的には、強迫性障害とは認められません。そして、強迫性障害は、外部からは顕著な影響が見えない場合もあります。

ですから、もし、強迫性障害ではないかと思ったら、まずは、精神科などの専門医に早めに診察をして頂きましょう。自分で勝手に、強迫性障害だと思い込んでしまっては、返って、重い身体の病気を見逃してしまうことなども考えられます。また、強迫性障害によく似た、別の病気もありますので、安易に、自己判断をしない方がいいでしょう。

メニュー