強迫性障害とは?強迫性障害のさまざまな症状 よくある強迫性障害
強迫性障害になったら 強迫性障害は誰でもなる強迫性障害の薬物治療
強迫性障害の行動療法|強迫性障害と似た病気強迫性障害のセルフチェック
強迫性障害に対応してくれる病院

強迫性障害の行動療法

強迫性障害では、行動療法や認知行動療法が非常に効果的になります。行動療法では、エクスポージャーと儀式妨害を組み合わせた、Exposure and Ritual Prevention(ERP)が用いられます。

エクスポージャーとは、恐れている不安や不快感が発生する状況に、自分を意識的にさらすようにします。そして、儀式妨害とは、不安や不快感が発生しても、それを低減するための強迫行為をとらせないという手法になります。この、エクスポージャーと儀式妨害を、患者さんの不安や不快の段階に応じて実施します。

行動療法は、単独で行うこともありますが、強迫観念が強い場合は、薬物療法を行った後に行動療法を行う方が、より効果的といわれています。

ただし、厭な単語が繰り返されるタイプの強迫観念のみの症状の場合は、行動療法が行いにくく、強迫行為よりも治療が難しくなります。その場合は、強迫観念の内容を現実的に解釈しなおしたり、強迫観念を回避したりせずにそのままにするという治療方法が、有効であると、最近知られてきました。

いずれにしても、行動療法は、自分1人でできるものではありませんので、強迫性障害の治療をしたいという場合は、精神科の医師にきちんと相談して、治療方法をアドバイスしてもらいましょう。

メニュー