アルコール依存症とは?アルコール依存症のさまざまな症状
飲酒の量を自分でコントロール|お酒を飲んでトラブル?|アルコール依存症の離脱症状
アルコール依存症になるまでアルコール依存症の治療法
  女性に多い? アルコール依存症アルコール依存症と妊娠
アルコール依存症の合併症アルコール依存症のための断酒会

お酒を飲んでトラブル?

お酒は、たとえアルコール依存症でなくても、飲みすぎるとトラブルを起こしてしまう原因になることが多くあります。お酒は、少量であれば、心身の健康を保つ効果もありますが、やはり、飲み過ぎはよくありません。アルコール依存症になると、困るのは自分だけではなく、周りの人を巻き込んでトラブルに発展してしまうことも多々あります。

まず、アルコール依存になったことを、周りの人のせいにして、攻撃的になったり、自己中心的になり、周りの人と接してしまします。また、アルコールの入っていない状態でも、酔っている時と同じような言動をすることもしばしばあり、それらがトラブルのもとになります。

また、アルコール依存症の患者さんは、精神的なストレスなどによって自殺をしてしまったり、あるいは、事故死をしてしまうなど、何らかの形で死に至るケースが比較的多い精神疾患です。

飲酒による様々なトラブルは、患者さんの家族にとっても、常にストレスを感じる原因になります。そして、家族との信頼関係が壊れてしまい、別居や離婚に発展することもあります。

取り返しのつかないトラブルに発展することもあるということを忘れずに、アルコールの量は自分でコントロールするようにしましょう。

メニュー