アルコール依存症とは?アルコール依存症のさまざまな症状
飲酒の量を自分でコントロールお酒を飲んでトラブル?|アルコール依存症の離脱症状|
アルコール依存症になるまでアルコール依存症の治療法
  女性に多い? アルコール依存症アルコール依存症と妊娠
アルコール依存症の合併症アルコール依存症のための断酒会

アルコール依存症の離脱症状

アルコール依存症の患者さんは、体の中のアルコールが少なくなってくると、離脱症状が出てきます。離脱症状が出ても、断酒を続ければ、大抵の場合、数日で症状は消えます。しかし、体の中のアルコールの量を上げることでも、離脱症状はなくなるのです。

離脱症状には、その現れ方によって大きく2種類に分けられます。1つが「早期離脱症状」で、もう1つが「後期離脱症状」です。

「早期離脱症状」とは、飲酒をやめて数時間すると現れる症状です。具体的には、手や全身の震え、発汗、不眠、吐き気、嘔吐、血圧上昇、不整脈、焦燥感、集中力の低下、幻聴、てんかんの様なけいれん発作などになります。もし、この離脱症状が現れている期間に飲酒をすると、症状は軽快しますが、飲んだアルコールが新たな離脱症状の原因になるという、悪循環を招きます。

「後期離脱症状」とは、飲酒をやめて2~3日目に現れる症状で、大抵は3日くらいでよくなりますが、人によっては、3か月ほど続く場合もあります。主な症状は、幻視、見当識障害、興奮などになります。見当識障害とは、時間や場所、人物の見当がつかなくなることです。このような症状に不安や恐怖を感じ、興奮することがあるのです。

また、この他にも、発汗、発熱などの、自律神経症状を伴うことが多くあります。

メニュー