アルコール依存症とは?アルコール依存症のさまざまな症状
飲酒の量を自分でコントロールお酒を飲んでトラブル?アルコール依存症の離脱症状
アルコール依存症になるまでアルコール依存症の治療法
  女性に多い? アルコール依存症|アルコール依存症と妊娠 |
アルコール依存症の合併症アルコール依存症のための断酒会

アルコール依存症と妊娠

最近では、アルコール依存症の女性が増えていますが、女性の場合は飲酒と妊娠や出産が関係してくるため、悪影響が拡大しやすいと言えるでしょう。

妊娠中の女性は、一般的には、お酒を飲んではいけないと言われていますが、これは、妊娠中の母体とお腹の胎児は、胎盤とへその緒を通じて直接つながっており、アルコールが胎盤を通じて胎児にまで到達することが分かっているからです。

妊娠中の女性がお酒を飲むと、お腹の胎児も否応なしにアルコールを摂取することになります。特に、妊娠初期の場合は、胎児へのアルコールは非常に悪影響となります。

母親がアルコール依存症で、妊娠中もお酒を飲み続けた場合、胎児は、先天異常を持つ胎児性アルコール症候群として生まれてくる可能性が高まります。その可能性は40%とも言われています。

出産後も、授乳期に母親がお酒を飲んだ場合、そのアルコールが母乳を通じて乳児に影響を与えます。そのため、妊娠期間中だけではなく、授乳期間中も飲酒は避けるべきなのです。

ただし、母親がアルコール依存症でも、妊娠・授乳期中にお酒を飲まなければ、生まれる子供に悪影響が出ることはありません。ですから、かつてアルコール依存症だったという女性は安心して大丈夫です。

メニュー