アルコール依存症とは?アルコール依存症のさまざまな症状
飲酒の量を自分でコントロールお酒を飲んでトラブル?アルコール依存症の離脱症状
アルコール依存症になるまで|アルコール依存症の治療法
  女性に多い? アルコール依存症アルコール依存症と妊娠
アルコール依存症の合併症アルコール依存症のための断酒会

アルコール依存症になるまで

アルコールをたくさん飲んでも、アルコール依存症にならない人もいます。アルコール依存症で苦しい経験をしたという人にとっては、たくさん飲んでも依存症にならないという人が、羨ましくも感じるかもしれません。

実は、アルコール依存症になる危険因子というものがあります。その危険因子とは、「女性の方が男性より短い期間で依存症になる」、「未成年から飲酒を始めるとより依存症になりやすい」、「遺伝や家族環境が危険性を高める」、「家族や友人のお酒に対する態度や地域の環境も影響する」、「うつ病や不安障害などの精神疾患も危険性を高める」などです。こういった危険因子があると、アルコール依存症になりやすくなります。ですから、ただ単に、お酒をたくさん飲むのが好きだというだけでは、依存症にはならないのです。

アルコール依存症になるまでには、お酒に関するその人の経歴が関係しているということです。また、悩みや不安などのストレスも関係してきます。そして、意外かもしれませんが、遺伝も関係しているので、もし、アルコール依存症を心配している場合は、自分とお酒と家族について、いろいろと調べてみるといいでしょう。そうすることで、アルコール依存症を防ぐこともできるかもしれません。

メニュー